和歌山風俗求人に応募した司書

和歌山風俗求人に応募するきっかけ

司書として充実の日々を送る

私は和歌山風俗求人に応募し、図書館の司書をしながら風俗で働いています。年齢は30歳前後です。そんな私が金欠を解消し、女としての自分を取り戻すために風俗店で働き始めたのは今から1年前のこと。その頃私は図書館での勤務も7年目を迎え、すっかりベテランの仲間入りをしていました。小学生の頃から本が大好きで図書館にも通っていた私は勉強を重ね、大学で司書の資格を取り念願叶って図書館に就職が決まったのです。

その頃はまさか将来私が和歌山の風俗店で働いているなんて思いもよらなかったですね。司書の仕事も当初は楽しいことばかり。仕事内容すべてが新鮮で毎日図書館に行くことが楽しく感じられました。しかし仕事を続けるうちに色々な問題が出てきます。本は好きだったのですが仕事は毎日代わり映えのしないもの。同僚や先輩など良い人ばかりなので人間関係に苦労することはなかったのですが、徐々に毎日の仕事にやりがいを感じられなくなっていったのです。

30を迎え寂しい気持ちに


司書の仕事が薄給なことも私のストレスとなっていきました。 公務員に近い仕事ということもあり給与は安定していたのですが、それは必要最低限生活していくだけのお金にしかなりません。その分就業時間は短く、しっかり週2日休めていたので、本当はあまり文句を言えないのですが。

そして何よりも私の心を揺り動かしたのは、同窓会などで出会う同級生たちの現状。30歳近くなってきているため、結婚をしている人や恋人のいる人がほとんど。それに対し私は恋人がいないどころか好きな人もいない。確かに周りとは違う人生を歩んできたし、今までは男がいなくても気にしなかったけど 30を間近に迎えさびしいという気持ちが思いのほか強くなったのです。

条件が良い和歌山風俗求人に応募


そこでまず考えたのが結婚相談サイトへ登録し、結婚相手を見つけること。でも私の中に「お見合いする位なら独身の方が良い」というこだわりがあったことと、登録するだけでも月々それなりの金額がかかるということで断念。どうしようと思っていたときにたまたま見たのが風俗求人サイト。それを見ると週1日、1日2時間からで大丈夫という情報が目に飛び込んできます。さらに給与もビックリするほど良く、年齢も35歳くらいまで大丈夫ということでした。

それが和歌山風俗求人に応募して働き始めたお店です、それを見て「ひょっとしたら私でも大丈夫かも」と思い、電話して話だけでも聞いてみることに。そうしたらスタッフさんから、「歓迎します。是非面接に来てください」とのこと。そして面接に行ってみると、電話での言葉の通りお店に歓迎された形で勤務がスタート。ここから図書館司書をしながら和歌山の風俗で働くという掛け持ち生活が始まります。大変ではあるものの、お店の理解もあって何とか両立させることができています。