奈良風俗求人と生きる目標

奈良の風俗求人に応募したある女性の体験

近所で面接を受ける

私は自分が住んでいる奈良の風俗求人に応募して、面接を受けに行くことにした。しかし私が住んでいるところは奈良の駅からも遠く不便なところにあるマンション。そのため奈良の風俗店に行くのも容易ではない。そういった場所は家賃が安いからそういうところに住んでいるのだ。

このように奈良の風俗店まで遠いと話すと、電話口のスタッフから思いもよらない提案が。 「良かったら面接にお伺いしますよ」。その言葉通り家まで迎えに来てくれて、近所だと聞かれたくない話もあるだろうと少し離れたファミリーレストランに連れて行ってくれた。対応してくれたのは優しそうなおじさんとお姉さん。

奈良風俗求人の面接で感動


そこで劇団に在籍し、その世界で成功するという夢をかなえるため奈良風俗求人に応募したことを話す。二人はうなずきながら私の話を聞いてくれていた。そして「大変だったね」「あなたにはうちで頑張って欲しい」「無理しないでできる範囲で良いよ」「夢を応援したいな」と優しい言葉をかけてくれた。

でも「絶対にうちで働いて欲しい」ではなく、「できればうちで働いて欲しいけど、どうするかはあなた自身が決めた方が良いよ」というスタンス。「あなたを応援します」と書いてあっても、働いたら全然違う求人情報も多い中こんなところもあるのだと私は少し感動。その後面接をした奈良の風俗店に連絡して、まず体験入店することになった。

風俗で新たな目標を見つける


奈良風俗求人に応募して体験入店をしたときに指名してくれたお客さんに これまでの経験や今の状況を話し始めた。それを聞いていた男性は少しびっくりしながら、でも満面の笑みを浮かべて「凄いよ! カッコいいしうらやましい」「私高校しか卒業してないよ。それに女優と言ったって自慢できることは何もない」「でも女優なんて誰にでもできる訳じゃないよ。それだけ頑張ってきたのなら何でも頑張れる気がする。平凡な僕と違って色々持っていてうらやましい」。私の言葉を聞きながらもポジティブな言葉で励ましてくれた。

そして「今日君に会えて良かったよ。同年代でこれだけ頑張っている人がいるなら僕も負けられないっていう気持ちになれるから。お互い頑張ろう」と満面の笑み。彼とは連絡先を交換したまに連絡を取り合い、近況を報告しあう仲になっている。求人情報を見て入った奈良風俗店で私は今も働いている。そして今の私には新しい夢ができた。彼のように私と触れ合ったことで頑張ろうと思ってくれる人を増やしたい。 その方法を模索しながらも、そんな目標に向かって奈良の風俗店で今日も働いている。