奈良風俗求人とAV女優

奈良風俗求人に応募するAV女優

ここではAV女優の私が奈良風俗求人に応募することになった顛末について書いています。

マネージャーからの電話

「はい、お疲れさまでーす」 監督が終了の合図を送り、AV女優として2本目の単体ビデオの撮影を終えた私は気持ちよくされ過ぎてしばらくベッドから動くことができなかった。「なな(源氏名)ちゃん、今日も良かったよ」「ありがとうございます。単体作だから気合入りました」「そっかそっか、色んなジャンルのファンが付いてくれるように頑張ってね。期待しているよ」「はい、また来月もよろしくお願いします」

「はいよ、来月はデリヘル嬢の設定で撮影を行うから少し勉強でもしてきてよ、何なら知り合いのデリヘル業者で働いてみる? 奈良風俗求人を紹介してくれるから」「ははは…考えておきます」「おっじゃあ連絡とってみるから、興味があったら連絡頂戴ね」「わかりました。お疲れ様です。お先に失礼します」「うん。お疲れさま」「『お疲れ様です』」スタッフの挨拶に見送られた私は控室へと戻り、メイクを落とすと私服にチェンジして、マネージャーから明日以降の予定を確認して自宅に帰宅しました。

すぐに奈良へ


自宅に戻った私は、お風呂でシャワーを浴びながら男優にやられっ放しだった今日の撮影を思い出していました。 (いつか絶対やり返したる!) そう決意した私はお風呂でひと汗かき、バスローブ姿でリビングへとやってきました。するといつもは光っていない電話が光っており、近付くと留守電が入っているようでした。

留守電は兄である裕二の携帯電話からで、珍しいこともあるんだなと思いつつ再生しました。 「真弓、母さんが倒れたらしい。伯父さん曰く命には別条ないそうだが、俺はこれから海外出張でどうしても行くことができないから、真弓が奈良へ様子を見に行ってくれ」メッセージを聞き終えると大慌てで数日泊まれる準備をして奈良へと向かいました。

奈良風俗求人に応募するまで


奈良へと向かう道中でもしかするとここで暮らすことになるかもしれないと思った私は、奈良風俗求人情報をチェックし始めました。来月の撮影のためというのもありましたが、デリヘルであればAV女優という肩書きが役に立つだろうと確信していた私はいくつかの奈良風俗求人情報から、高級感漂うお店を数店舗メモして電話番号を控えておきました。

デリヘルの求人情報を事細かく見ている内に電車はあっという間に奈良へと辿りつきました。奈良から大阪までは1時間程度かかるとはいえいまだ見終えることのない奈良風俗求人情報に戸惑いを隠せませんでした。なぜなら地方のデリヘル店なんて数えるほどしかないだろうと思っていたからです。病院へと向かうタクシーの中でも検索を続け、すべての求人情報をチェックするときには母が待つ病院に着いていました。
奈良風俗求人「シグマガール」はこちら