京都の人妻風俗求人の体験談

京都風俗の面接に向かう

初めて京都に来た私は面接で全く話せなかったことに対し、自分が情けなく思い涙を流していた。そんな私に声をかけ、話を聞いてくれたのがヨーコ(仮)さん。彼女は泣き止んだ私に対して、人妻デリヘルで働いてみないという提案をして来た。「一度うちの店に来て雰囲気を見て、興味を持ったら一日体験をしてみたら良いかも。あなたは自分に自信がないみたいだから、もしかすると人妻デリヘルで女としての自信が付けば変われるかも知れない。でも全然違う世界だと思うから無理しなくても良いわ。でもせっかく京都に来たのだから、店に来て女の子を見る位はしても良いかもね」。そんな彼女の言葉を聞いてみて「この人の言うとおり店を見るだけでもしてみよう」と彼女についていくことにした。彼女が働いているのは京都にある人妻デリヘル(ヘルス)店。ここの売りはルックスやスタイルの良い女の子が揃っていること。ヨーコさんを含めみんなキレイな人ばかり、身体も小さく中肉中背で胸が若干大きいだけの私にとっては恥ずかしいだけだった。

京都人妻デリヘルへの感想

ヨーコ(仮)さんの提案通り京都の人妻デリヘル店を見てみることにした私。でもそこには彼女を含めてキレイな人ばかり。当然自分の外見にも自信のない私は気後れするばかり。でもそんな私に対してお姉さんたちは優しく声をかけてくれた。「ねえヨーコ。何この子かわいいじゃん」「あなたびっくりしないで良いのよ。もっとリラックスして楽しんで行ってね」。そして店長は初老の優しい男性という感じの人で、穏やかな笑顔でこちらに笑いかけてきた。どうやら店の人は私を受け入れてくれているようだったのだが、どうしても気になることがあったのでヨーコさんに聞いてみる。「もしここで働くことになったら、私じゃ足手まといじゃないですか? 皆さんと違ってキレイじゃないしスタイルも悪いですよ」。そんな私の話を聞くと私の頭を撫でながら笑顔で「ほらまた自信のないことを言う。あなたは私たちから見てもかわいいし十分魅力的よ」と声をかけてくれた。そして店長も優しく声をかけてくれる。「君のような子が自信を持ったら一気に魅力的になるんだよ。もし良かったら僕らにそのお手伝いをさせてくれないかな」。

京都人妻風俗で体験入店

ヨーコ(仮)さんや店長の話を聞いた私は、その店に泊めてもらい一日体験をすることにした。お店に出るため次の日の午後に必要最低限の接客方法・プレイ内容・化粧の方法などをヨーコさんから教えてもらう。そこで化粧をして鏡を見ると「これが本当に私?」と思うような顔が写し出される。特徴がなくて嫌だった私の顔が、色気のあるキレイな顔に変身したのだ。「あらかわいい。ヤヨイ(仮)。自分で思う以上にポテンシャルが高いんじゃない」。ヨーコさんはすかさず私を褒めてくれた。そして人妻デリヘルで必要なプレイテクニックと言葉遣いなど必要最低限の接客方法を覚え体験入店がスタート。初めてのお客は細くて程よく筋肉の付いた20代男性。正直イメージ以上に格好良い人でびっくりした私はつい「ごめんなさい。私みたいな不細工で」とネガティブなことを言ってしまう。でもその人は頭を撫でながら「君で良かったよ。だってかわいいじゃん」と声をかけてくれたのだった。それを契機としてその店で働くことに決めた私は、時々弱気の虫が顔を出すけど少しずつ自分に自信を付けているところ。