京都の風俗求人でリスクを回避するために

京都の風俗求人でリスクを回避するために

風俗で働くということは自分に精神的ダメージがあるということだけではなく、性病やレイプ、といった外的リスクも多い仕事です。
レイプされた場合は、普通であれば非常に重い罪として警察に届け出るものですが、実際は事情聴取の面倒さだったり店に不利益なことが多いのでスルーされてしまうことが多いです。
風俗より水商売の方がリスクが低いからいい!といって始めようと思っても、風俗と水商売ではもちろん求められるものが違いますので、簡単にはいきません。
キャバクラやガールズバーといったものはまずお酒が飲めなければなりませんし、お客さんとのトーク術や高度な接客術が必要です。美容もより気をつけなければなりませんし、営業外にもサービス(「同伴」と呼ばれるもの)がありますので、水商売であっても気を使うことが非常に多いです。風俗では性的サービスが上手ければ大体のお客さんに喜ばれますが、水商売では「いい時間、いい雰囲気」をお客さんに提供しなければなりませんので、もしかすると風俗よりも難しい仕事になるかもしれません。

ソープランドで働く前にするべきこと

ソープランドは店舗型風俗特殊営業に属しており、ソープの他にはファッションヘルスやストリップ、ラブホテルなどがこの区分にあたります。
現在営業しているソープランドは既得権営業として営業しており、法律が制定されて禁止区域が設定される以前から開業しているお店になります。例外的にこのような店舗でのみソープランドは営業することができ、新規オープンはできないことになっています。例えば個人で営業している店舗はその店舗が営業を廃止したり営業ができなくなった場合は今後その店舗でソープランドを営業することができなくなります。法人の場合に限り代表者変更による営業の継続はできるが、条例の改正によって今後禁止される可能性もあるので、ソープランドで働いている方、今後働く予定のある方は注目しておく必要があります。
風俗は利用者にとってもとても安いものではありません。ハイコスト・ハイリターンが最も望ましいわけなので、経済状況によってこのバランスが崩れると風俗業界に直接影響が及びます。働く側としても常に経済状況を見極めながら働いていきましょう。