京都風俗求人と注意すべき兆候

風俗店で働いている女性は全国でも無数に存在していますが、お店の人気ランキングに入り稼いでいる人もいれば全くお客が付かない女性もいます。それは京都風俗でも同じことであり、時間を作って出勤していながら「全くお客が付かない」という日があるのは悲しいことではないでしょうか。ただお店自体にお客が全くいないのではなく、ある程度お客が来ている日にそういう状況であるのは考えものです。京都風俗求人に応募して働いていながら「お客が全く付かない」ということにならないように、そのような兆候が出始めたら注意しなければなりません。

・本番をしようと言われない

京都などの風俗店は基本的に本番禁止である場合がほとんどですが、実際は本番をさせている女の子もいればお客から「本番をしたい」と話をしてくることも多いです。お客から「本番」を持ちかけられる場合は、最後までプレイをしたいと思えるだけの容姿レベルであるという評価を受けます。そこで本番に対応することができれば常連客となる可能性があり、また断ったとしても容姿を高く評価されているため他のお客からまた指名される可能性も残ります。

ただ問題なのはお客から「本番」を持ちかけられないこと。京都などの風俗を利用するお客の中には「本番をしたい」と考える人もいます。ただ話を持ちかけないということは、「こんな女性と本番したくない」「本番をすることになると面倒臭さそう」などと思われていると言えるでしょう。そのような女性は「容姿が劣る」「清潔感がない」「気難しそう」などと思われていることが多く、京都の風俗などで人気を獲得しにくいと言えます。

・店員に注意されなくなる

「指名されない」女性の特徴としては店員から注意されないこともあります。一般の会社などで上司が部下に対して注意をする場合は、「成長して欲しい」という気持ちがあるからです。それに対し「もうどうでも良い」と思われている人材に対しては、わざわざ注意などをすることなくできるだけ関わらないように距離を置かれるケースが多いでしょう。それは京都風俗などの風俗店においても同じことが言え、店員に注意されなくなったら危険な兆候だと言えるかもしれません。

・自分と関係ない話をよくされる

京都風俗などで指名をされない女性でも、お客が女性を選べない「フリー」やホームページの写真などを基に指名される「写真指名」などお客とプレイする機会もあります。その際男性客の中には「●●ちゃんってかわいい?」「●●のようなタイプの女の子っている?」など、自分と関係ない女の子の話をされるケースもあるようです。そのような話をする男性客とのプレイは淡白になることが多く、中には「今日はあまり調子が良くない」などとプレイを避けられることもあるといいます。そのような場合利用客は対面する女性に対する興味が既になく、次に良い女の子を選ぶための情報を手に入れようと考えているのです。京都風俗などで人気のない女の子にはそのような対応をされるケースもあるといいます。

京都風俗求人に応募してしっかり稼ぎたい方は、ここで書いてあることをしっかり確認しておくと良いでしょう。